製品案内
レシピ
安心・安全
食育
会社案内
採用情報

沿革

1958年
  • 創業者西村修吉、名古屋市熱田区花町にて餃子皮の製造を開始
1962年
  • 現 本社所在地である名古屋市熱田区沢上へ移転
1969年
  • 株式会社設立
1971年
  • 名古屋市熱田区神野町に神野工場を竣工
1972年
  • 長年の研究の末、自動化ラインでの春捲皮製造に成功し発売を開始
1980年
  • 本社、沢上工場を竣工
1982年
  • 業界初、自動化ラインでのクレープを開発、発売
1983年
  • 2代目社長に西村道子就任
1987年
  • 厚生大臣賞受賞
1989年
  • でんぷんから作った「澄麺皮(ドンミンピー)」を開発、発売
1992年
  • 「玄米クレープ」発売
1996年
  • 3代目社長に西村彰高就任
2002年
2003年
  • アメリカに「RSB FOODS INC.」を設立、工場完成、生産開始
2004年
2005年
2006年
  • シンガポールに「Ryushobo(s)Pte.Ltd.」を設立
  • 中国福建省に、福建隆祥房食品有限公司を設立
  • 餃子皮専用粉「隆祥房特撰粉」の開発
2007年
  • 中国、東南アジア、ヨーロッパ市場向けに中国工場竣工
  • 旧正月を「餃子の日」と制定
2008年
2009年
2011年
2012年
  • 愛知県の優れたものづくり企業として「愛知ブランド企業」に認定
  • 「福建隆祥房食品有限公司」、中国工場をシンガポールに移設
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年